城田優は日本とスペインのハーフ!スペイン国籍を選んだ理由は悲惨な過去が関係していた?

Pocket

テレビドラマや映画、さらにはミュージカル俳優と演技を中心に活躍される城田優さん。

城田さんを見ると、誰しもが思うのは「高身長・イケメン」ということではないでしょうか?

そのイケメンの1つに日本人離れした顔立ちというのもあるはず!

ということで今回は、

・城田さんは日本とスペインのハーフであること
・スペイン国籍を選んだ理由
・英語とスペイン語が堪能であること

など城田さんのハーフに関する話題に切り込んでいきたいと思います!

 

 

城田優は日本とスペインのハーフ!


引用:Instagram

城田さんは、日本とスペインのハーフになります。

ネット上では、「本当はハーフじゃない」というハーフを否定する意見がありました。


引用:Twitter

また、ハーフであること疑って調べる人もいるようです。


引用:Yahoo! JAPAN

しかし、城田さんの両親の出身地を調べると城田さんは日本とスペインのハーフであることがわかります。

 

父親/城田光男:日本


引用:Instagram

右側が城田さんの父親・城田光男さんになります。

国籍は日本になります。

職業は放送作家になります。

城田さんが10歳〜11歳頃に城田さんの母親と離婚されているとのことですが、城田さんとの親子仲は良好のようです。

 

母親/ペピー・フェルナンデス:スペイン


引用:Instagram

城田さんと一緒に写っている真ん中の女性が母親のペピー・フェルナンデスさんです。

国籍はスペインになります。

ペピーさんは、19歳の頃に結婚を目的に来日されたとのことで合計5人の子宝に恵まれました。

このように異国の地で子育てをし、子供を立派に育て上げたペピーさんですが城田さんはやられてきたことを称賛しています。

しかも、尊敬という言葉は母親のためにあるのではないか、と思うくらい尊敬されているようですよ!

ちなみに、城田さんは母親に対してスペイン語で会話をしているととか。。

 

 

出身地


引用:Instagram

城田さんの出身地は、東京都小金井市になります。

城田さんは2歳〜7歳まではスペインで生活を送りました。

その後、帰国し地元の学校や芸能関係者が通う高校へと進学したのです。

・小金井市立第一小学校
・小金井市立第二中学校
・堀越高等学校

 

本名


引用:Instagram

ハーフである城田さんの本名は【城田優】になります。

ドラマやバラエティ番組で見る名前が本名になりますね。

ただ、もうひとつ本名が【ユウ・シロタ・フェルナンデス】と言うそうです。

これは、城田さんの国籍がスペインのため、母方の名前を取ったスペインの名前があるんだと思います。

 

スペイン国籍を選んだのは母の存在が大きかったから


引用:Instagram

城田さんの国籍はスペインになります。

父親・光男さんと母親・ぺピーさんは、城田さんが小学校時代に離婚されています。

あくまで憶測になりますが、そのことで城田さんは日本の法律上、重国籍者に該当したと思われます。

城田さんは、20歳未満で重国籍になったことから日本の法律上、22歳までに国籍を選択しなければならないと言う立場であった可能性があります。

ーーーーーーーーーーーー
・外国で生まれたり、父、もしくは、母が外国人である方は、日本国籍以外にも外国国籍を持っている重国籍者である可能性がある。
→重国籍者は、重国籍となった時点で20歳未満である時は22歳までに、重国籍となったのが20歳以上であるときはその時点から2年以内にいずれかの国籍を選択しなければならない。
ーーーーーーーーーーーー

という決まりがあるようです。

詳しくは下記よりご覧ください!
Q15: 国籍の選択とは,どのような制度ですか?
国籍の選択について

 

生まれや育ちを考えると、日本国籍を取得してもおかしくない状況だったでしょう。

しかし、スペイン国籍を取得されたのは、母親の存在が大きく、色々な経験の中で母親の母国・スペインの考え方に影響を受けたことでスペインに愛着が湧いたんだと思います。

 

 

外国人っぽさが原因でいじめに遭った

実は、城田さんは小学生時代に容姿が原因でいじめに遭われていたようです。

・母親の母国のスペインでは中国人を指す「チノ」と呼ばれ乾電池を投げられていた。
・日本の小学校では、「外人」と言われていた。

そのことで、気軽に周囲の人と関係を築くことができず傷つき、自分の顔が嫌いになってしまったようです。

当時の城田さんは、決して悪いことをしていたわけではありません。

理由がわからず周囲の方から色々と傷つくことを言われていたので、悲しく、そして辛い日々を過ごされていたことが想像できます。

ちなみに、このような壮絶な経験から今では自身と同じ立場の人を気にかける様子が伺えます。


引用:Twitter

自分と同じような経験をして欲しくないという思いが込められているんだと思います。

 

 

心を救われた母の存在


引用:Twitter

そんな時、救ってくれたのが母であり、このような言葉を投げかけてくれました。

「みんな地球人だって言ってやりなさい。誰でも外国に行ったら外人なんだよ」

この言葉を通じ、城田さんは「外人」は自分だけではないと思えたとのこと。

母親からの一言で物事の見方が変わり、視野が広くなったことで自分自身が抱えていた悩みが吹っ飛んだようですよ!

学生時代というのは、友達からの影響は大きく受けることでしょう。

その為、母親からの一言というのは当時の城田さんにとって、暗いトンネルにいた中で明るい光となったと思います。

 

ハーフが原因で芸能界も苦戦したが母の励ましに心救われた

実は、芸能界に入ってからもハーフが原因で、オーディションに100回以上落ちたようです。

・監督から言われたこと:君の場合、留学生役かバスケ部員かな。目立ちすぎる。前例がない。
・学園もののオーディションにて:君みたいな子はいない。

 

今の城田さんを見ていると、このような過去があったなんて信じられませんね!

このような状況の中、城田さんの母親は「ケセラセラ(なるようになる)」という精神で大丈夫だと励ましてくれました。

母親は、「偉い人が相手でも筋が通っていないことに対しては、間違っていると言える人でありなさい。偉くても正しいわけではない。」と城田さんを肯定し背中を押しました。

このように母親に支えられた城田さんは、17歳の時にミュージカル俳優としてデビューを飾るのです。

 

ちなみに、城田さんがオーディションで苦戦した理由はハーフ以外にも身長というのもあるようです。

城田さんの身長について調べてみると、高身長がコンプレックスに感じていました。

【190cm】城田優は逆身長コンプレックスでサバ読みしていた過去!

 

城田優は英語とスペイン語が堪能!


引用:Instagram

城田さんは、2歳〜7歳までスペインで生活を送っていたわけですが、少ししか生活していないにも関わらずスペイン語が堪能で、しかも英語も話せるようですよ!

高身長&イケメンに加え、語学もできるとなると男性からしたら嫉妬対象になりますねww

 

<英語>朝ドラの語り手に抜擢!


引用:YouTube

2021年11月1日(月)〜2022年4月8日(金)でNHKで放送される連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』でナレーションを務めるのが城田さんになります。

なんと、英語と日本語、両方を使い分けているようですよ!

英語は、10代に興味を持ち独学で学んできたようで、ナレーションを務めた際、発音に難しさを感じているとのこと。

しかも、ただ英語と日本語を話せば良いということではなく世界観を日本語と英語で合わせないといけないので、発音以外にも難しさがあるようですよ。

実際に聞いてみましたが、流暢に発音されており母国語を話しているような話し方でした!

気になる方は、下記よりお聴きください!

[カムカムエヴリバディ] 語り 城田優 日本語と英語でメッセージ | 朝ドラ | NHK

 

<スペイン語>映画のオファーがあった&母の日プレゼントで歌を作った!


引用:Instagram

城田さんは、2022年1月に公開の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』にスペインのマフィア役で出演しました。

この作品の中では、スペイン語と英語のみしか使わず日本語はわからない体を演じたようです。

スペイン語の役は、今回が初めてだと言い自身にピッタリの役柄だと感じたとのこと。

さらには、アドリブでスペイン語のセリフを提案したりと積極的に演じました。

作品の中で日本語は一切使わなかったとのことで、これはまさに城田さんのために用意された作品のようですね!

 

また、2020年5月10日には母の日のプレゼントとしてスペイン語で歌を披露されました。

母親への愛を感じますよ!

気になる方は、下記画像をクリックしお聴きください!


引用:Instagram

 

世間の声


引用:Twitter


引用:Twitter


引用:Twitter


引用:Twitter


引用:Twitter

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!