有村架純の母親はシングルマザーで子供2人を育てた!現在は、日本酒バル『酌-syaku-』を経営しているって本当?

Pocket

2015年には映画『映画 ビリギャル』での主演、2016年には第67回NHK紅白歌合戦の司会を務めるなど幅広く活躍される女優の有村架純さん。

有村さんは、姉の藍里さんと芸能界に身を置かれていることでも有名ですよね!

表舞台ではキラキラと光る有村さんですが、私生活ではというと苦労された時期があるとのことで特に、母親はシングルマザーで子供2人を育てました。

今回は、有村さんの母親について、

・離婚していた
・離婚原因
・現在の仕事

などについて書いていきます!

 

 

有村架純の両親が離婚していた


引用:Instagram

有村さんの家族の雰囲気は、有村さんが小学校4年生の頃には良い雰囲気ではなかったようです。

そして、夫婦は別居することを選択し有村さん姉妹は母親が引き取ることに。

その為、有村さんは下記のように考えるようになりました。

・自立して生きていかないといけない。
・母親を支え、姉も守っていかないといけない→自身が父親代わりになる

ちょうどこの時期は、学校でも友達関係がうまくいっていなかったようです。

学校でも家庭でも良い状況ではなかったにもかかわらず、小学校4年生が「家族を守る!」と思えるのは凄くないですか??

家族を守るなんて外に目を向けられることは中々できることではないと思いました。

 

離婚時期はいつ頃なの?

そして、有村さんが中学校1年生の頃に両親は離婚されたようです。

離婚されたということで、賃貸マンションに引っ越しましたが経済的にも苦労される状況だったとのこと。

そして、有村さんは中学校3年生の頃に女優を目指すことにしました。

これは、お母さんを助けたい、育ててくれたことに対する恩返しをしたかったのかもしれませんが、思春期で心身の変化が多くあるこの時期で有村さんは女優になるために日々奮闘されました。

・友達とダンスチームを作り、市役所が無料で開放しているスペースで夜遅くまで練習。
(お金がかからないようダンス教室には通わず)

・芸能事務所に応募しつつ、レッスンやトレーニングを実施。

・資金づくりのために週6でアルバイト(掛け持ちしていた。)
→平日は学校終わってから4時間、休日は朝から10時間働いた。
 →平日は21時、22時くらいまでやっていたのかもしれません。

・自転車で転んで血まみれになったり、高熱が出ても出勤していた。

やっていることが若いですね〜。

10代で目標が定まっているからこそ、ここまで走れるんだと思います。

20代以降でも起業などやりたいことが定まっている人ならできるかもしれませんが、なかなかできることではないのではないでしょう。

ここまで、必死に死に物狂いでやったからこそ今の有村さんがいるのではないでしょうか?

 

両親の離婚原因は?

離婚原因は、なんだったのでしょうか?

父親の浮気という情報がありますが、有村さんが語った内容ではないため、噂の可能性が高いです。

先ほどもお伝えしましたが、有村さんが小学校4年生の頃には家庭が良い雰囲気ではなかったため、喧嘩が絶えなかったのかもしれません。

有村さんは、誕生日が1993年2月13日になります。

小学校4年生となると10歳なので2003年頃でしょうか。

2003年は、バブル後株価が最安値になった時でもあり景気が良くなかったと思われます。

しかも、両親共働きされていたようで、憶測になりますが両親の仕事と家庭の両立が上手くいっていなかったがためにいい雰囲気ではなかった、そして、離婚という結末を迎えたのかもしれません。

 

父親の出身、顔画像、基本プロフィール

ここからは、有村さんの父親について書いていこうと思います!

顔画像 調査中
出身地 鹿児島県という噂がある
誕生日 調査中
年齢 調査中

父親については、公開されておりませんでした。

新たな情報がございましたら追記していきますね!

 

父親の人柄や職業は?

有村さんの父親の職業は、残念ながら現時点でも調査中となります。

新たな情報がございましたら追記しますね!

気になる人柄についてですが、調査した結果このような方でした!

<人柄>

・礼儀作法には厳しい
→有村さんは、行儀や口が悪かったり、ご飯を食べる時は正座しないと怒られる。

・子供思い
→日曜日に家族で出かける時は、手を繋いでくれていた。
また、たこ焼きも作ってくれた。
→20歳の頃に有村さんから連絡した際に、「応援しているよ」と言ってくれた。

 

貴重な娘だけあって愛を感じますね!

書いている私も嬉しくなりましたし、胸が熱くなりました!

 

母親は日本酒バル『酌-syaku-』を経営している?


引用:Instagram

有村さんの母親について調べてみると、どうやら日本酒バル『酌-syaku-』を経営されているという情報がございます。

こちらは、本当なのでしょうか?

有村さんや姉・藍里さんからSNSやテレビなどを通じて公表された情報が見当たらないため、憶測の可能性があると思います。

ただし、グルメサイトでこのように口コミとして投稿されていたり、マスク寄付に関してメディアにも取り上げられていることから有村さんの母親が経営されているお店だと思われます。


引用:Retty
※クリックすると拡大します


引用:Retty
※クリックすると拡大します

配布するマスクのうち約1万3千枚は、伊丹大使を務める女優有村架純さんの母親が経営する飲食店を含む市内3社が寄付。

「日本酒-」は、有村さんの母親経営の飲食店で、新型コロナの感染拡大を受け3月25日から営業を自粛している。
引用:神戸新聞

※「日本酒一」というのは、日本酒バル『酌-syaku-』を経営している企業だと思われます

 

場所は兵庫県伊丹市!

日本酒バル『酌-syaku-』は、兵庫県伊丹市にあり、駅から10分圏内と行きやすい立地にあります!

住所

兵庫県伊丹市中央4-4-10 伊丹中央ビル1F

※日本酒バル『酌-syaku-』は赤色、紫色は駅になります

 
アクセス 阪急伊丹線/伊丹駅(東口) 徒歩3分(240m)
阪急伊丹線/新伊丹駅(東口) 徒歩9分(660m)
JR福知山線(宝塚線)(新大阪~篠山口)/伊丹駅(西口) 徒歩9分(720m)

営業時間

[火~金・土・日・祝]
17:30〜24:00

当日ご予約の場合は22:00までにご入店いただける場合のみ受付可。
定休日
毎週月曜日
⇨日曜日は不定休

 

電話番号 072-764-7172
Facebook URL https://www.facebook.com/sakesyaku/
座席数

13席
→(カウンター5席、テーブル2席(4名×2))

 

120種類以上の日本酒が飲める!

日本酒バル『酌-syaku-』の売りは、何と言っても数多くの日本酒が飲めるところになります!


引用:Instagram

引用:Instagram

もちろん、これら以外にもありますので、気になる方はこちらからご覧ください!
⇨Instagram 日本酒バル 酌-Syaku-

さらに、日本酒以外にも美味しい食事も楽しめますよ!


引用:Retty


引用:Retty

他の食事も見たい方は、こちらをご覧ください!
食べログ
Retty

完全予約制のようなので、事前に予約しないと入れません!!

しかも、埋まることが多いようなので早め早めで予約された方が良いでしょう!

 

気になる口コミは?

・前回も感動しましたが、付出しで出てくるお料理も美味しいんです!
居酒屋というと間に合わせ的に出てくるお店が多いのですが、酌さんは決して見た目が派手なわけではないですが、染み渡る味というかホッとさせていただけます。

・常時120種類以上という日本酒の数々が冷蔵庫の中に所狭しと並んでいます。
日本各地の有名な銘柄から初めて見かける地方の銘柄まで、かなり幅広くラインナップされています。

また楽しいのが日本酒担当の店長さん?の日本酒トークがわかりやすい。中には自分の知識を自慢したいのか、専門的な用語を並べ立て喋りまくる店員もいるが、こちらのスタッフさんはわかりやすく説明してくれます。
伊丹という土地にあるのがもったいないと思わせるお店でした。

・リニューアルしたお店は綺麗で席数は限られている。
店員さんもとっても明るく気さくで面白い。一度きたら顔と名前を覚えてもらえるかもしれない。

お値段が少し高い分料理の質も高く満足。

引用:食べログ

値段は高いようですが、訪れたお客様はみんな満足されていますね。

しかも、料理だけでなく店員さんもお客様を満足させるとか。

完全予約制ということもあり、限られたお客様に対して質の良いサービスを提供されているお店だと思いました!

 

母親の出身、顔画像、基本プロフィール


引用:Instagram

それでは、最後に有村さんの母親について書いていこうと思います!

顔画像
引用:family-news
出身地 鹿児島県という噂がある
誕生日 調査中
年齢 調査中

噂ではこのような顔立ちをされているようですよ!

・北川景子似の美人
・聖子ちゃんカット

右側の方が母親だと思われます。

小顔で娘さんと似た髪型をされていますね!

北川景子さんに似ているかというと、頬のあたりが似ているのではないでしょうか?
(言われないと気が付かない・・・)


引用:Instagram

親子仲

親子仲は、どうなのでしょうか?

私は、良い関係性を保っていたと思います。

というのも、母親は有村さんの芸能活動を応援されていたからです。

表舞台に立つと、メディアやファンから監視状態になり、さらには熱愛や演技などでメディアやファンから叩かれるといったことがあり親としてはそういった世界に入る子供を応援するというのは難しいと思うんですよね。
(私だったら引き止めるかもしれません。)

もちろん、両親が離婚したこと、離婚時期を考えると子供としては精神が不安定になったり、反抗期でもあったりするため一時的には母親と揉めたこともあると思います。

実際に有村さん自身に反抗期はあったようで、

「中学生の時に多少はありました。物に当たったり、母親に『うるさい』って言ったり」
引用:エンタメRBB

と話していますからね。

それでも、今の有村さんがいるのは母親から自身の目標に走り続けられるよう応援していただいたという良好な関係だったというのが大きいと思います。

 

幼少期からの育てられ方、教育方針

有村さんは、幼少期、どのように育てられたのでしょうか?

教育方針等について、ネット上には情報がありませんでした。

 

ただ、家庭環境そのものが有村さんの土台となっているでしょう。

・両親が離婚し金銭的に苦労された母親の姿を見て「人一倍頑張って生きていかないといけない」という趣旨のことを話している。
・自分のやりたい事を後回しにしてきた可能性あり。

両親の別居・離婚を通じて、有村さんは「母親や姉を守っていかないと」と思うようになったと話されています。

となると、芸能活動を志した以外にも思春期ですと友達との遊びや恋愛、勉強などの楽しみもあったと思います。

しかし、経済的に苦しい状況を経験されたことで、そういった楽しみを後回しにし人一倍アルバイトをし、人一倍芸能界に入れるよう自身の腕を磨かれと思います

これが良い・悪いということではありませんが、学生時代の家庭環境から多少なりとも自身の本当の欲求とは違った部分で人一倍頑張るという考え方が身についていると思います。

 

世間の声


引用:Twitter
※クリックすると拡大します


引用:Twitter
※クリックすると拡大します


引用:Twitter
※クリックすると拡大します


引用:Yahoo!ニュース
※クリックすると拡大します


引用:Yahoo!ニュース
※クリックすると拡大します


引用:Yahoo!ニュース
※クリックすると拡大します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)